名称
Title
ピアノのための詩第九番「せつな」
Shi No. 9 "Setsuna" for Piano
 仮想演奏
Virtual Performance
 
 採譜期間
Term of Taking Out 
 H150923-H151130
20030923-20031130
 基本属性
Attributes
 創作経緯
Background and Result of Creation
「せつな」はモディリアーニとその妻を描いたテレビ局番組のシナリオに触発されてピアノ曲として作曲されました。「白せつな」からストリングオーケストラ用の「赤せつな」、弦楽四重奏用の「青せつな」を編曲しましたが、やはりオーケストラよりもダイナミックなレンジで表現出来るピアノの楽器としての優れた特徴を改めて認識しました。
“Setsuna” was originally created as piano music impressed by a scenario of Japanese TV program about Amedeo Clemente Modigliani and his wife. I arranged “Red Setsuna” as music for string orchestra from “White Setsuna” and also arranged “Blue Setsuna” as music for string quartet. I understood again piano is an excellent instrument with more dynamic sound range than orchestra.
 楽曲構成
Structure of Music
楽曲はポピュラーな音楽ですが、がちがちのソナタ形式で、第一テーマの動機を利用してポリフォニックな雰囲気を出し、再利用、展開しております。私はこれをポリフォニック・ホモファニーと言っています。
This piece is very easy to listen, but I applied sonata form very strictly to this. A motif of first theme is used to create polyphonic atmosphere and also reused and developed effectively. I define this kind of music "Polyphonic Homophony".
 楽曲イメージ
Story of Music
 利用イメージ
Idea of Usage
 実演
Real Performance

 2015年(平成27年)12月24日実演
Real Performance on 24th Dec., 2015
YAMAHA-C7
 
Copyright c ISPO/TS 2012- All Rights Reserved
Contact to takehikosueoka@gmail.com
Using Microsoft Clip Art and logos of Google and DL Market
inserted by FC2 system